スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

Togetter - まとめ「「シナリオ」って役職に憧れて入社なんて昔は無かったと思います。」

Togetter - まとめ「どうやってシナリオライターになったのですか…ホント、すごい気になるの」

Togetter - まとめ「フリーライターが企画持ち込みしてゲーム作るってありますか?」

自分用メモ。色々と興味深い。
というか、togetterなんて機能があることを全然知らなかったよ。


良くも悪くも本音が聞こえやすいのがtwitterの特徴だと思う。
twitterは色々と興味があるし始めたい気もするが、
これ無名が呟いても全く意味ないよね。



知人ととある絶本を探しに神保町へ。

見つからず。

というか、店によっては売る気も管理する気もゼロなところがちらほら。
店主が店の本把握していないってどういうことですか。

でもまあ、古本屋ってのは憧れる職業の一つですな。
日がな自分の好きな本だけ集めて、
カビ臭い本に囲まれて一日を過ごす。

金と時間をもてあました道楽としては、最高の部類かと。
理想は白詰草話の爺さんみたいな老後。
[ 2010/03/15 21:39 ] Diary Kodati | TB(-) | CM(0)

ギャラリーに一つアップ。

イラストと小説の組み合わせとして、
今後こういったスタンスで創作活動をしていきたいと思っています。

イラストは一見するだけで、絵の上手さや内容がある程度把握できるという分かりやすさがありますが、
小説は一瞥しただけでは分かりにくく、その良さを分からせるためには、
決して少なくない文章量を読ませる必要があります。
そして、多くの人はきっかけがない限り読もうとはしないと思います。

小説はあくまでおまけで、イラストを見て想起される設定や状況といった、
見る人の想像を助長するかたちとしてありますが、
同時にそうした小説の取っつきにくさを取っ払うのをイラストをきっかけに助けて貰うという、
持ちつ持たれつな方法として、試行錯誤中ですがこうした表現方法をとってみました。



無限のフロンティアで久しぶりにゲームに熱中する。
戦闘が飽きないRPGも久しぶりだ。

しかし、おっぱいプルンティアだの、今作の見所は尻だの言われているが、
一番の見所はヒロインの9割を占める人外娘の多さだと思う。
ざっと列挙するだけでも、

エルフ、機人、鬼娘、ロリババア狐、ロボ娘、褐色ロボ娘、ロリロボ娘、
褐色エルフ、ロリ悪魔、有翼人、人魚、狐娘、猫娘、牛娘

と、まあ極上の素材群。まさに俺得。

個人的に、人魚のアン船長にきちんとエラを描いている所を、誰が評価しなくても俺だけは評価したい。

あと、随所で言われていることだろうが、
カッツェさんの「アタシに任せろよ」からの「ラウンド・エイティ」が男前すぎて生きるのがつらい。
[ 2010/03/08 00:15 ] Diary Kodati | TB(-) | CM(0)

創作イラスト。
ロールオーバーで小話付き。

コミティア90に行きました。

HNI_0007.jpg

眼福ごちそうさまでした。

創作オンリーは、個性が剥き出しで色々と面白い。
そのせいで五千円程度の予算を三倍費やしたのは、まあご愛敬。
こういう日ぐらいは、世知辛い現実を忘れてもいいよね。

溢れる才能に嫉妬し、色々と漏れ出しそうでもありますが。ギギギ。
[ 2010/02/16 22:49 ] Diary Kodati | TB(-) | CM(0)

戦場のヴァルキュリア Development Artworks
延期に次ぐ延期を越えてようやくこの手に。
四千円近い値段に躊躇することなく購入。

ゲームやってないけど。

違うんや。

ここ最近のPS3の技術ラッシュといい、
金と時間さえあれば真っ先にハードごと買いたいんです。
キャラデザのRAITA氏目当てだけど、ゲームとしても注目してるんです。

とりあえず、期待以下予想以上な量の
RAITA氏の美麗デザインを少しずつ舐めるようにタップリと視姦中。

設定画をみながら色々と妄想するのは至福の時間です。
ラフ画とか制作者の創造の過程が透けて見えるのが非常にグッド。



iPadで拡大する日米の情報格差 日本の出版業界は音楽業界の失敗を繰り返そうとしているようだ

それでも出版社が「生き残る」としたら

それでも出版は今からがチャンスだ

紙の本」の将来

出版社って、「中抜き」ビジネスなの?

待つのは音楽産業以上の悲惨な未来か 出版業界を駆け巡る電子ブック狂騒の罠

個人的に興味があるというか、他人事ではないのでメモ。

執筆者を執筆だけに専念させるという役割としては残りそうではあるが、縮小は避けられない?
紙媒体の本が好き、というかそれ以外考えられない自分みたいなのは、古い存在として懐古される?



色々溜まりに溜まって人をコロコロしたくなってきたのでCOD MWを買う。

2じゃなくて1を。

いやー面白いように人が死ぬ死ぬ。

主に俺が。

あれーおかしいな。CQCは? テキーラモードは? 魔法は?
敵が多く出てくると、テンパって脳内麻薬ヤンマーニが分泌して、
いつの間にか死ぬのがおきまりのパターンになりつつある。

五回死ぬと畜生、全員ぶっ殺してやる! と復讐に燃え、
十回死ぬと戦争なんて御免だ。田舎に帰る! と死亡フラグをこさえ、
二十回死ぬとクリークとトリガーハッピーが口癖のウォーモンガーになります。
んで、また死ぬ。やだなにこれ楽しい。

まあでもFPSに慣れてないのかすぐに酔うので、
あまり長時間のプレイはまだできません。
ゲームは一日一時間。
[ 2010/02/10 23:10 ] Diary Kodati | TB(-) | CM(0)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。